注文住宅を建てる夢を実現したい!そんな方に家づくりのあれこれを教えます!

誰もが憧れるマイホームを建てるのであれば、やはり妥協せずに自分で一から決める事が出来る注文住宅で建てたいと考えている方も多くいらっしゃいます。
うな方におすすめしたいのが、しっかりとしたプランを持って置くということです。
事前にプランを持たずに漠然と考えていると、ハウスメーカーを決めたり打ち合わせをしている際に困る事が多いからです。
そんな方のために家づくりのあれこれを伝えて行くので、ぜひともお役立てください。

注文住宅を建てる夢を実現したい!そんな方に家づくりのあれこれを教えます!

マイホームを持つ際に新築の家を購入する場合であっても、すでにハウスメーカーが建てている家である建売住宅と全てオーダーして建築する注文住宅があります。
どちらにもメリットとデメリットがありますが、注文住宅を建てるのであれば、自分のプランがしっかりしている事が不可欠です。
その理由としてはあれこれありますが、壁紙から外壁まで全てを自分で決めるというのは、想像以上に大変で苦痛なのです。
ですから事前に色々と決めておく事をおすすめします。

そもそも注文住宅って何?建売住宅とどう違うの?まず特徴を理解しよう!

マイホーム購入を考えた場合、注文住宅か建売住宅かをまず考えます。
注文住宅は自由度が高いのが特徴で、外観はもちろんのこと、内装や設備、間取りなど細かい部分まで自分で決めてこだわりを反映することができます。
法律にのっとって住宅は建てなくてはなりませんが、範囲内であれば好きなように建てることができ、住んでから後悔することもほぼありません。
そのため一点ものの住宅とも言えます。
建てている最中も頻繁に見に行くことができるので、安全な施工になっているかを自分の目で確認することができます。
建売住宅は土地と建物がセットになっていることが多く、すでに規格に沿って建てられた既製品になります。
間取りや窓の位置、外観や設備、内装など自分の思い通りに選ぶことができません。
土地とセットなので土地探しの手間も省けすぐに入居できる、費用が抑えられるなどのメリットがありますが、建てているときの様子を見ることはできないので、信頼できる業者選びが大変重要になります。

デザイン?間取り?それとも予算のこと?注文住宅ならではのメリットとは何か

建売住宅か注文住宅か悩んだ場合、それぞれどんな点が特徴的なのか見比べることが多いです。
注文住宅は建売住宅のように、すでに出来上がった住宅を購入するわけではないため、自分の想いを反映することができ、オリジナリティあふれる住宅になります。
ですが予算面では建売住宅よりも高くなることがほとんどであり、費用を抑えることはできません。
複雑な構成の家であればあるほどメンテナンスに時間や費用が掛かることが多いです。
注文住宅のメリットとしてまず挙げられるのは、間取りです。
建売住宅では間取りの変更はできず、与えられた空間の中で生活をするようになりますが、注文住宅では好きな場所に収納スペースを作る、窓の位置を上めにするなど変更することができます。
デザインに関しても他の家とは違うため差別化を図ることができ、家に対して愛着がわきやすくなりますし、導線を意識した流れを作ることができるので、家事がしやすくなります。
生活がしやすい空間が作れるのが一番のメリットです。

自由設計の注文住宅!それがデメリットになることもある!

注文住宅は間取りや設備や仕様を全て自由に、自分や家族好みに決めることが出来るのが最大のメリットです。
自由度が高い分希望をあれもこれもとこだわりを家づくりに反映しすぎると、家づくりの予算がオーバーしてしまう場合もありデメリットとなることもあります。
また注文住宅では間取りや住宅設備の決定など何度も打ち合わせをして、納得の上で施工工事に入るので実際に入居するまで時間がかかるケースが発生しがちです。
自分や家族の好みの間取りや住宅設備が実際には生活しづらいこともあり、デメリットな点として挙げられます。
これらは施工実績が豊富でアフターサービスも万全な業者を選ぶことで、回避することが出来る部分です。
予め予算を決めてこれだけは譲れないという家づくりの理想を、丁寧に説明することでプロの立場からのアドバイスを貰うことが出来ます。
理想の家づくりのパートナーを選んで、長く快適に暮らせる家づくりをスタートさせてみてはいかがですか。

理想的な注文住宅はイメージづくりから!家族とは何を話し合うべき?

注文住宅は設計の自由度が高いため、家づくりのあらゆる部分にトータルにコミットして、自分たちの理想とする住まいづくりが実現しやすいと言えます。
その反面、住まいづくりはゼロからスタートすることが基本になるので、建築や不動産についての詳しい知識や経験が不可欠。
とはいえ、これでは素人の施主さんにとっては負担が大きすぎるため、実際にはプロの建築業者との協力関係のもとで、自分たちの思い通りに住まいづくりを進めていくのが一般的なケースと言えます。
しかしたとえそうであっても、注文住宅の施主である以上は、自分たちがこれからどのような住まいのカタチにしたいのか、しっかりイメージづくりをしておくことが大切になります。
こうしておくことで、建築業者との打ち合わせで自分たちの要望をスムーズに伝えることができますし、業者にとっても的確なアドバイスをしやすくなるはずです。
家族とのイメージづくりでは日頃からの生活パターンだけでなく、将来の人生設計まで含めて話し合い、長期的かつトータルな視点で、建物のデザインから室内の間取りやインテリア、あるいは水まわりの設備や屋外の外構ゾーンに到るまで、住まいのあらゆる部分をできるだけ具体的に決めていくことが理想です。

著者:渡吉春

筆者プロフィール

東京都町田市生まれ。
一級建築士として数多くの注文住宅を手掛ける。
自分の経験を基に注文住宅の記事をまとめました。
町田で注文住宅を